ヒデの日記 hide's diary

考えたこと、登山

香港中国旅行5日目

11/23

11:06 電車内

 

 今日は朝から坊さんの自慰を見せられてしまった。こう書くと奇妙だがこうとしか言いようがない。あの後宿について、ドミトリーで横のベッドがチベット仏教の修行僧だったんだ。年は15才位に見えて、無邪気に僕に話しかけてくる。彼は英語は話せなかったけれど、その屈託のない笑顔にすっかりガードが緩んで、打ち解けた。プレゼントだといって、数珠をくれた。僕も昔寺で修業したことがあったので、何となく親近感を覚えた。

 今朝ドミトリーで10時くらいに目が覚めると、隣のベッドからしきりに翻訳ソフトを使って「友達になろう」「日本が大好き」などと呼びかけてくる。蹲踞の姿勢でこちらにスマホの画面を突き出してくるのが少し目障りだったので、彼のベッドに腰かけて話していたら突然僕の股間を触ってきた。なんて失礼なことをするんだ、と思ってにらみつけると、彼が自分の一物を出してしごいていることに気が付いた。

 うわっ、と声が出てしまう。なぜそんなことをしているんだ?しかも、でかい。起きた時から蹲踞の姿勢で尻のあたりをいじっていることには気づいていたが、てっきり尻が痒いのかとでも思っていた。多分僕が寝ぼけていただけで、起きた時からずっと致していたんだ。だとしたら致しながら僕に話しかけてくる?何故?とにかく今、目の前でチベット仏教の修行僧が蹲踞の姿勢で黒ずんだ高級バナナをしごきあげている。情報量が多すぎて対応できない。

 そうして固まっていたら、20秒ほどで彼は射精した。ベッドの上に広げてあるティッシュの上に吐き出した。期せずして最後まで監督してしまった...なんでこんなことが起きるんだ。15才位だったから気持ちはわかるけどさ。超えちゃいけないライン考えろよ。

 

 今はシングルルームでこれを書いている。怒ったが、全然反省していない様子だった。そのあとも僕と話したそうにちらちら見てくるので、フロントに言って部屋を替えてもらった。もらった数珠は埃まみれのベッドの裏に捨ててきた。


 

昼間は青城山という道教の聖地に行ったが、キリスト教専攻のぼくには特に面白いところもなかったので撮れた写真を載せる。

f:id:enjoyemotion:20181124231438j:plain中国のトウモロコシはでんぷんしつで、もちもちねばねばしている。あまり甘くない。

f:id:enjoyemotion:20181124231456j:plain

f:id:enjoyemotion:20181124231427j:plain

 

f:id:enjoyemotion:20181124231506j:plain

f:id:enjoyemotion:20181124231509j:plain

f:id:enjoyemotion:20181124231512j:plain

修学旅行の中学生たちが写真を撮らせてくれた。みんなすごくいい表情だ。大人は恥ずかしがってなかなか撮らせてくれないけれど、学生は乗ってきてくれる。

f:id:enjoyemotion:20181124231602j:plain

リンゴ飴もおいしい。日本のものよりリンゴは酸味が強く、砂糖の甘味に合う。

18:48f:id:enjoyemotion:20181124231655j:plain

 陳麻婆豆腐店に来た。おそらく本店だ。おばちゃんがビンに入った中国茶を雑に注いでくれた。

f:id:enjoyemotion:20181124231626j:plain

 

 

メニューは中国語しかないのでよくわからない。麻婆豆腐を白飯と共に頼んだ。「なんでもおすすめをくれ」とも言ったが「味覚は人それぞれなんだからそんなことできっこないわよ、あんたバカね」くらいのことを言われる。

 

f:id:enjoyemotion:20181124231701j:plain

 麻婆豆腐が来た。花椒の匂い。湯気が立っていない。冷えているのか?ほどなくして白飯が来た。一見して見た目は悪い。ひき肉は焦げついていて、食欲がそそられる外見ではない。しかしこの花椒の匂いが凄まじい。俺を食えと訴えかけてくる。レンゲでひとすくいして口の中に入れると弾けるように口の粘膜が刺激される。口の中が爆発したみたいだ。辛いんじゃない、ホアジャオの針みたいな香味が味蕾も喉も何もかも突き刺してくる。湯気が立っていないのはバカげた量のラー油で表面がコーティングされていただけだった。ご飯にのせてもうまい。豆腐とひき肉のうまみで飯が進む。しかしつらい!蓮華のひとすくいごとにエイ、と気合を入れて食わねばならない。こんなに一口一口に気合が必要な食事なんて初めてかもしれない。あんまり刺激が強くって、氷を店員さんに頼んだ。おばちゃんが固まりをぶちくだいたような氷を持ってきてくれた。口の中に急いで入れ、すぐに麻婆豆腐を食う。そうすることを強いられている。陳健一が草葉の陰でほくそ笑んでいる画が目に浮かぶ。

 僕は中国に来てよかった、成都に来てよかった。これで全て報われた。涙を流しながら、地団駄を踏みながら食う。そうしないとこの幸せを受け止めきれない。多幸感という言葉でしかこの気持ちは表現できない。今こうして書いていてもあの旨さに自分の文章が見合っていないと感じる。全然表現できていない。とにかく僕は今まで生きていてよかったし、もう面白いことはし尽くして人生は砂っぱらだなんて思っていたけれど、まだまだこの世に僕の知らない喜びはいくらでもあるということを陳麻婆豆腐は僕に教えてくれたのだった。

香港中国旅行4日目

 

9:21
 8時に起きて、今メトロの中。秋葉原の数十倍あるという深圳の繁華街に向かうところである。起きてから気づいたのだけど、ホテルの部屋に窓がなかった。日が差し込まないせいで、ひどく目ざめが悪い。こちらに来てから何かと眠りが脅かされてしまう。1日目のフロント不在、2日目の道迷い、そして今日の窓無しの部屋。駅に着いたのでゆく。
 
9:33
 お腹が痛い。
 
12:33 空港行の電車の中で
 
f:id:enjoyemotion:20181124230615j:plain
 思ったことが2つある。1つめは、深圳は日本で言われるほど進んだ都市ではない。
というのは、たしかにAlipayやMobikeなど目新しいサービスは多いが、目の前にしてみれば日本のsuicaと変わらないし、現金も受け付けてくれる。mobikeも便利だが舗装の雑さや人ごみのせいでそこまで移動時間が短くなるわけではない。電気街もバッタものが多く薄汚れた街並みで、自前で付加価値を付けられるようになるまではまだ時間がかかる。『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の中でスコット・ギャロウェイが主張するように、商品・サービスに大きな付加価値をつけるためにはそのブランドにセクシーさが必要だ。クジャクの羽のように、強烈なセックスアピールを持たねばF40にバカげた値段はつかないし、人が相場の2倍もするスマートフォンを買うことはない。深圳のoppo直営店は入り口の真正面の巨大モニター、木を取り入れたインテリアとガワだけはそれっぽく作られているが、店員のセンスの無さはどうにも隠せない。f:id:enjoyemotion:20181124225252j:plain少なくともApplestoreの店員は絶対にこんなダサいシャツインはしない。これではoppoスマホを買って、自分がより性的魅力にあふれる人間になったとは思えない。
 
 ここまで書いて思ったのだけれども、スコットは時代の流れによる価値観の変化についてどう考えているのだろう?よく考えてみれば数十年前の日本の高度経済成長は日本製品のセクシーさによるものでは断じてないし、GAFAが世界を牛耳り始めたのはここ10年の話だ。結局20年後に誰が勝者となっているのかはわからないし、「セクシーさ」という概念がブランドの成功にとって重要なファクターであり続けるのかどうかは微妙なところだ。したがって上の僕の考察は射程が短すぎる。あと数年の内は正しいかもしれないが、2000年の世界と今の世界がかけ離れているように、2040年の世界がどうなっているのかは神にしかわからない。語りえぬものについては沈黙したい。
 
the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

 
 
2つめは中国には「礼儀知らずという礼儀」がある。書こうとしたが眠くてだめだ。少し眠ってから書きたい。
 
19:20 成都行きの機上にて 
 まもなく成都につく。「礼儀知らずという礼儀」というのは、周りの礼儀知らずを承認することが中国の礼儀だという意味だ。言い換えれば、私はあなたに気を使わないが、あなたも私に気を使わなくてよい。みんなが他人に気を使わないことを前提に社会が回っている。
 礼儀というのは「ある社会集団の中で共通認識されているもののその詳細及び罰則が明文化されていないルール」と言い換えられるが、その「明文化されていないルール」が中国にはない、ほとんど。例として挙げれば「飲食店で子供を泣かせるべからず」「煙草をポイ捨てするべからず」「電車の中で電話するべからず」というものだ。ここ中国では飲食店で赤ん坊がギャン泣きしていようと誰も気にしないし、路地は煙草の吸い殻だらけで、電車の中では皆大きな声でスマホにがなっている(中国版LINEは基本声で使う)。礼儀知らずなのは人だけではなく機械だってそうだ、切符の自動販売機は破れた真ん中をテープで留めたボロ札をお釣りに渡してくる。
 もちろん礼儀という外圧のおかげで僕たちはなんとか人間の形を保っていられるのだけれど、日本の同調圧力は時々息苦しくなる。だからその減圧に、山に登ればよいのだろう。ちょうど酸素も薄くなる。機体が成都に降りた。思えば香港についたのは3日前だ。日本が少し恋しい。
 
20:19 
 「中国にルールがない」というのは誤りで、確かにみんな大らかだが、大らかであることを強制されてもいる。彼らはおでんのお椀の横に汁がびしゃしゃになったやつを平気で渡してくるし、コンビニ店員のお釣りの渡し方はわしづかみだ。
 僕の嫌いな友達が「寛容であることを強制するのは寛容ではない」と言っていたことを思い出す。結局その土地にはその土地のコード、決まりごとがあって、それに多少従ったり反発したりしながら生きて行くほかないのだ。駅で降りる。
 
5日目へ続く

香港中国旅行3日目

 

11/21
12:31 深圳行きの電車にて
 今日は朝からけだるい。昨日寝るのが遅かったせいだ。マーボーと23:00ごろに別れ、宿に行こうとしたが迷ってしまった。データ定額の期限が切れてしまって、ナビ無しでカンで探した結果こうなってしまった。
 今日の朝、宿は11:00ごろに出たと思う。女人街のjingfeiだったかで豆腐に豆板醤とネギ酢をぶっかけたものを食う。大変うまい。大豆たんぱくに発酵調味料のうまみ、それを強引にまとめる香味。googlemapで300ほど高評価がついているのもうなずける。実は昨日もこの店には来ていたのだけれども、すっかり夢中になってしまった。というのは料理のうまさというよりも、目の前にいるおばちゃんの働きっぷりだ。白髪を染めて、赤のTシャツにスキニーの黒ジーンズ、白黒のブランドスニーカー。両耳に真珠をつけたこの人は"好!好!"と息を吹き出すリズムで客たちをさばいてゆく。染めてある白髪の量からして50は過ぎているだろうが、この人の背中からは30代の熱を感じる。いつでもこうした女性をみるのは心地が良い、人生のこし骨にタックルを食らわせてゆくような女は見ていて気持ちがよい。
 ところで僕は今歯が痛くなった、正確に言えば下奥から三番目の歯の間だ。日本を発ってからフロスを通していないせいだと思う。深圳についたら金を換えて、フロスを買おう。なんだか書いていると、ペンが弾む。旅はいいなあ。あと3駅くらいで深圳だ。
 
12:57
 Lo Wu、羅湖駅に着いた。降りる。
 
23:00
 本当は21:00には寝ているはずだったが、明日の航空券やら宿を取り、洗濯したらこんな時間になってしまった。あのあと電車を降りた瞬間、いけ好かない匂いだと感じた。香港はしょうゆと豆板醤の混ざったような、異国情緒にも何か落ち着くものがあったけれども、深圳の匂いは自分がoutsiderであることを無理やり教え込まされるような匂いだ。人間の香りがしない。
 VPNに苦しまされて(グレートファイアウォールを避けるために必要だ)道に1時間ほど迷った後、美食街というところに行った。10元で切りたてのフルーツを洗面器ほどのパックに山盛りにしてくれる店なり、面白そうなものは沢山あったが、サイゼリヤを見つけて驚いてしまった。f:id:enjoyemotion:20181122234111j:plainサイゼリヤフリークの僕は即座に入る。まだディナーには早い時間だったので好いており、すぐに座ることができた。メニューのレイアウトは日本と同じだけれども、中身は半分くらい違う。f:id:enjoyemotion:20181122234003j:plain人気商品のマークが付いている以下の3つを頼む。

 

・寒天サラダ
・ワカメとあさりのスープ
・チキンドリア
 
 給仕を待つが水が出てこない。そうか、ここはサイゼリヤだった、水はセルフサービスだ。

 

コストカットの精神はここにも受け継がれている。まず初めに、ワカメとあさりのスープ(90円)をいただく。f:id:enjoyemotion:20181122234128j:plain色は薄い乳白色。一口すすると、磯の香とあさりのだしがキいて、うしお汁だこれ。完全なうしお汁。いやうまい、しかしイタリアンではない。
 
 
 次は、寒天サラダ(150円)。f:id:enjoyemotion:20181122235221j:plain
いつものサイゼリヤのサラダの上に白赤のカラフルな寒天が乗っている。いや、これもどう考えてもイタリアンではない。この寒天、よく缶詰98円で売ってるやつやん。食べてみると意外とうまい。いつもの安定感のあるサイゼリヤドレッシングが寒天に絡まり、甘味×甘味のジャンキーなサラダになっている。しかしイタリアンではない。
 
 3番目のチキンドリア(約180円)は焦げたチキンのから揚げがこれまた焦げたチーズドリアと合わさって、メイラード反応の極致。かっこむスプーンが止まらない。旨かった。

f:id:enjoyemotion:20181122234238j:plain

しかしイタリアンではない。サイゼリヤ、お前どうしちゃったんだよ!

 お前の持ち味は2000円で本格イタリアンが食える、秋田からの転校生にデート誘われてついてったら新宿の片隅にある旨いビストロごちそうしてもらえちゃう、みたいなちょっとした驚きにあるんじゃないか。秋田男子にきりたんぽ食わしてもらったって別に驚きゃしないんだよ、たしかに焦げた醤油とお米は旨いけどそれは予定調和なんだよ、予定調和を崩すのがデートの妙味じゃないのか。外食はサイゼリヤ、お前と俺との出会いで、デートなんだ!
 会計は30元(450円)でめちゃくちゃ安い、でもそれはお前の仕事じゃないだろ、ここ深圳でその価格帯は地元の屋台か食堂に任せておけばいいポジションで、お前がいるべき場所じゃないだろ。
 サイゼリヤの最も核心的な部分、つまり格安に本格イタリアン気分を味わえる点を捨てて中国に適応を図っているそのなりふり構わなさに感心すると共に、無常を感じた。

 

 
 
 

香港中国旅行2日目

11/20
7:15
ひどく眠い。
 
(日付回って)   0:44
ひどく疲れた。道迷いなど重なり、スマホをいじっていたらこの時間だ。ハミガキをしないといけない。そのために二段ベッドを降りたが最後、もうかけなくなることが分かっているので今書く。
 今日は自殺崖という名所に行った。普通の観光であったのでdetailは省く。香港に留学中のマーボーに案内してもらい、楽しいひと時。
 面白かったのはSIMカードだった。マーボーから貸してもらった中華スマホにsimを入れようとするも、simピン(simカードを取り出すための細い金具)がないと古いsimを取り出せない。そんな洒落たものは持ち合わせていないので、代わりにUSBケーブルをまとめていた細い針金をていねいに、周りについている余計なプラスチック樹脂を爪先で引きはがしていると、何か原始に戻った気分だった。昔の人は獲物の骨から肉を散々食いはがしてしまった後、とろけた骨髄と軟骨をこうしていじらしくつまみ出していたに違いない。
 僕のほうはうまく行かなかった。僕の爪にはあまりに繊細過ぎる作業で、針金のほんの先だけが見える。望み薄と思いつつ、宿のフロントに行くと紙をまとめるためのクリップがあったので1つもらい、simの交換に成功した。一人で30分かけて終わらなかったことが人に頼れば5分で終わった、これだから職人より気転家のほうが生きやすいのだ、と思ったが、よく考えればこれは過度の一般化であって、少なくとも僕個人は職人的な、いじらしく、しつこい振舞いと、気転家の、すっぱりした、あきらめの良い振舞いを使い分けるべきだ。しかし、それは信条を持たぬつまらない大人になるということかもしれない...
 
 

香港1日目

2018/11/19

16:42 香港行き機上にて
 チョコモナカを食べた。あずき入りチョコモナカを食べた。いやあずきチョコ入りモナカだった気もする。本当は純正のあずきもなかを食べたかったが、売り切れてしまっていた。僕も含めてみなここで日本的なものと別れを惜しむのだろう。ゴミを捨ててゲートへ向かう。

  CAさんが牛肉と飯の一緒くたになったパックを給仕してくれる。目力のある、いかにも大陸人という感じの顔立ちで気が強そうだ。分厚いファンデーションで隠しきれなかった右頬のニキビが、そのせいで目立って見える。

20:35
 まもなく香港に着く。この旅はうまく行くのか急に不安になってきた。なにせ香港から入って北京から出ること以外何も決まっていない。僕はいつもこうして無計画に始めて失敗する。計画を立てればすべてうまく行くというわけでもないのだけれども。"我々は皆、計画が何の役にも立たないことを知っている。しかしそれでも計画は必要である。" 飛行機の車輪が降りた。ちょうど僕の真下に車輪があるようで、えらく大きな音がする。フラップの音。翼が風を切る音が変わる。今思ったのだけれども、この旅はものを書く旅にしたい。やたらと動き回るには計画と気力が足りないし、それにこうしていると15歳に戻れるような気がする。ものを書いていると何も考えないでいられる。これを書いている間にランディングした。ナルゲンの水を飲んでからゆこう。

0:14
 (香港の街を走ってみた)排気ガスを胸いっぱいに吸い込みつ、大陸の雑踏をかき分け走る痛快さ!